アコムでお金を借りるにあたって、月々の支払いがキツくなってしまい、どうしても返済できないという事態に陥ることもあるかと思います。

アコムの返済ができない!
こうなったら、アコムの借金を踏み倒してしまうしかない!


と後ろ向きな考えが頭をよぎってしまうこともありますよね。

しかしながら、アコムの返済を踏み倒してしまう、というのはオススメできません。
お金が足りなくなるというのは誰にでも起こりうることですが、キャッシングの利用者には返済の義務があり、なんのリスクもなく「踏み倒し」ができるなんてことはありません。

本記事では、借金を「踏み倒す」ことのリスクや、気になる体験談についてお話していきます。

また、アコムの返済ができない、という人のために、
ケース別でアコムの返済をする方法についてまとめてみたので参考にしてみてくださいね!

そもそも、アコムの借金踏み倒しは可能なの?

どうしてもアコムの返済がキツくてキツくて、アコムの借金を踏み倒してしまいたい!
そんな悪い考えが浮かんでくる人もいるかと思います。

苦しいときに、そういった気持ちになるのは人として自然なことかと思いますが、借金を踏み倒す前に、踏み倒したときにどのような結果になるかを知っておいた方がいいでしょう。

アコムの借金を踏み倒してしまった場合、どうなるのか。
まず、借金を踏み倒した情報が、信用情報機関に登録されることになります。

そうなると、当然ですが、他社からの借り入れ、クレジットカードを作ることができなくなります。

アコムなどの消費者金融・銀行は、信用情報機関から情報を共有しているので、アコムの借金を踏み倒した人は、その後、アコムはもちろん、アコム以外の金融機関からの借り入れもできなくなると考えた方が良いでしょう。

当然、マイカーローンや住宅ローンも一切組めなくなるので、今後の人生設計にも影響がありそうです。

また、アコムの督促を無視した場合、最悪、裁判沙汰になることも。
消費者金融会社は給与差し押さえの裁判を起こすことができるんですよね。

アコムに訴えられるとどうなるのか。
結構、エグいことが起こります。
お給料が差し押さえられるんです。

カードローンの申し込み時に、勤務先の情報を消費者金融会社へ共有していますから、訴えることによって給料をそのまま借金に充当させることができるんです。

ちなみに、裁判所からの通知を無視した場合は、自動的に判決が下され、給与の差し押さえが確定してしまいます。

給与を差し押さえる訳なので、当然会社にもその事実が知られますし、信用情報にも大きな傷がつきます。

社会的な信用、社会的な自負、自信、これらを失ってしまうのは、お金よりも大きな損失と言えるでしょう。

なので、アコムの返済ができないからといって、それをそのままにしておくと大変デメリットとなります。
返済できない、とすぐに諦めてしまわず、なんとか返却する手段を考えることをおすすめします。

アコムの返済ができない人へケース別アドバイス

この項目では、アコムの返済ができない、と困っている人に向けて、
それぞれのケース別で返済の手段を紹介していきます。

返済できない、でも何とかしないと……!
と困っている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

ケース1 一時的にお金が足りないだけの人


【大手消費者金融のスペック比較表】
 金利融資スピード無利息サービス融資の積極性
アコム3.0~18.0%最短1時間あり
(初回最大30日)
アイフル3.0~18.0%最短1時間あり
(初回最大30日)
プロミス4.5~17.8%最短1時間あり
(初回最大30日)

※スマホの場合、左へスライドすれば全て閲覧可能です。

今月、たまたまアコムの返済ができないだけで、次のお給料が入れば返済すること自体は余裕という方。

このような場合は、他の消費者金融で新規の申し込みを検討するのも良いかもしれません。
どうしてもすぐに資金を調達する必要がある人にも、最近では、融資スピードが最短1時間のキャッシング業者もあるので、心強い味方となってくれます。


もちろん、キャッシングをキャッシングで返すような自転車操業になるくらいなら、借入のおすすめはしません。

一時的に資金が足りないだけ、という人には、新規の借入先を検討することも賢明な選択の一つです。

繰り返しますが、キャッシングの返済が滞り、信用情報が傷つくと、新規の借入ができなくなったり、クレジットカードがつくれなくなったりします。今後の生活に、かなり大きなデメリットを被るので、くれぐれも気をつけてください。

アコム返済の目次に戻る


ケース2 今は何とか返済できるけど今後、継続して返済するのがキツイかも……という人

急にお金が足りなくなり、アコムをからお金を借りて、ちゃんと返済はしているけど……

金利が高い!と感じていませんか?
今は何とか返済できているけど、この金利だと継続的に返済し、借金を完済することは難しいな、と考えている人もいると思います。

そういった方へおすすめなのが、金利の低いローンや、おまとめローンへの借り換えです。

【借り換えに最適なローンサービスの金利・限度額比較表】
 金利限度額
アコム
年3.0~18.0%1~800万円
ジェイスコア年0.8~12.0%10~1000万円
東京スター銀行
おまとめローン
年12.5%30~1000万円

※スマホの場合、左へスライドすれば全て閲覧可能です。
(※)J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用

アコムやアイフル等の消費者金融は、融資スピードや手軽さにおいて大きなメリットがあるものの、やはり金利は少し高めに設定されています。
さらに、2社以上からの借り入れがある場合は返済日の管理が面倒ですよね。

ジェイスコア東京スター銀行おまとめローンとアコムの比較表を載せましたが、やはり金利の差は大きいです。

低金利のローンサービスにおまとめ・借り換えすることによって毎月の返済額の減額、総返済額の減額が見込めますし、返済日が1日にまとまるのでスケジュールに余裕ができます。
J.Score(ジェイスコア)は、おまとめローンではないのですが、金利が低いので参考までに載せてみました。

金利が高いと不満を感じている方には、こういったローンへの借り換えはぜひおすすめできます。

アコム返済の目次に戻る


ケース3 返済が迫っている!でも大手から借りることができない人

【中堅消費者金融のスペック比較表】
 金利融資スピード
アコム3.0~18.0%最短1時間
セントラル4.8~18.0%最短即日
フタバ14.959~17.950%最短即日
いつも7.0~18.0%最短即日

※スマホの場合、左へスライドすれば全て閲覧可能です。

アコムの返済が苦しくなり、一時的なキャッシングを試みたものの大手から断られた場合、中堅の消費者金融からキャッシングをするのもよいかもしれません。
審査が甘いとは言い切れませんが、大手に比べると審査通過の見込みがあります。

しかし、借金を借金で返す「自転車操業状態」は非常に危険です。
一時的な借り入れではなく、それがサイクルとなりそうであれば、これから説明する「債務整理」を考えことを強くおすすめします。

アコム返済の目次に戻る


ケース4 どうしても返済していくことができそうにない人


アコムの返済がどうしてもできないという方は、現時点で、以下にあてはまっていないか確認しましょう。
・残高が減っていく気がしない
・借金が年収の3分の1を超えてしまった
・借金が100万円以上になってしまった
・借金を借金で返す「自転車操業」状態になってしまった
もしこれらに一つでも当てはまっていれば、対応策として「債務整理」がおすすめです。

債務整理とは、国が認めた借金解決の手続きです。

任意整理」、「民事再生」、「自己破産」などの手段があり、弁護士に依頼して金融会社等の債権者と交渉を行うことで借金を減額し、返済できない借金の和解を成立させることを目的とします。

債務整理というと、「自宅を手放さなくてはならない」とか、「周りからの信用を失う」などといったネガティブなイメージがあるかもしれません。

一定期間クレジットカードが作れない、等のデメリットももちろんありますが、多くの場合では会社や家族に知られずに行うことが可能ですし、マイホームを残すことも可能です。

 任意整理自己破産個人再生
手続きの早さ通常1か月程度通常3か月程度通常6か月程度
財産の保有ローン支払い中でなければ基本的に可能高額なもの以外は基本的に可能ローン支払い中でなければ基本的に可能
会社や家族への通知基本的になし会社からの借り入れ、保証人がなければ基本的になし会社からの借り入れ、保証人がなければ基本的になし
信用情報に載る期間完済後5年間免責確定後5~10年間完済後5~10年間
現在の仕事への影響なし一部の職業のみありなし

※スマホの場合、左へスライドすれば全て閲覧可能です。

債務整理の手続きを表にまとめてみました。
繰り返しになりますが、債務整理によって必ずしも仕事や家族、または財産に影響があるとは限らないんです。
むしろ、そういったケースはごく一部のものであることが分かっていただけるかと思います。

法律相談所に相談することによって、こういった手続きの中からあなたにベストな方法を選んでもらえます。

先ほども述べましたが、現在はネットから匿名で、手軽に法律のプロへ相談できる時代です。

1人で抱えこんでしまうと、精神的な負担が大きくなったり、闇金に手を出してしまうといったリスクがあります。

手遅れになってしまう前に、まずは相談してみることが大切です。

債務整理というと、敷居が高く感じられるかもしれませんが、現在はネット上で債務整理の相談受付を行っている法律事務所もあり、一部のサービスは匿名・無料での利用もできます。

▽おすすめの法律相談所▽


ウイズユー司法書士事務所なら、債務整理で借金が減らせるかどうか、4つの質問に答えるだけですぐにシミュレーションできます。

ウイズユー司法書士事務所の強み■4つの質問に答えるだけの簡単シミュレーション
■任意整理なら会社や家族に内緒で手続きできる!
■ネットから相談でプライバシー厳守!
実名・住所も必要なし!
■安心の無料相談
PC・スマホさえあればOK!
全国どこからでも利用できる!
24時間いつでも利用できる!




アコム返済の目次に戻る


アコムの返済を踏み倒した体験談

最期に、アコムの返済を踏み倒した体験談を紹介したいと思います。

アコムの返済を踏み倒したのは、私の友人。もうすぐ30歳を過ぎる会社員の男性です。
彼は、父親の葬儀代を支払うため、つまり、冠婚葬祭の費用としてアコムや他の消費者金融にお金を借りたのですが、自分の勤めている会社の業績が不振となり、給料が減ってしまいました。

最初は支払うことができていたのですが、一旦、返済が大変になり滞納をし始めると、消費者金融からの督促の電話がしばしばかかるようになってきました。

結局、彼は時効になるまで借金を踏み倒し続けることにしました。

これを、時効援用といいます。
消費者金融の場合、基本的には5年間一切支払いをしなければ時効援用の意思表示ができ、それが受け入れられた場合は借金がチャラになります。

しかし、消費者金融に自身の勤務先や給与口座がバレている場合、5年以内に給与差し押さえの訴えを起こされる可能性が高いと知り、彼は仕事を辞め、取り立ての訪問も来ていたので自宅も引っ越しました。

引っ越し代もないので、いわゆる「夜逃げ」ですね。

引っ越し先でも新しい仕事はなかなか決まらず、督促は来なくなったものの生活はさらに困窮。
返済を無視し続けた信用情報が残るので、当然新たにお金を借りることもできず…

そんな生活をしばらく続けましたが、現在はなんとか持ち直したようです。

「あのとき債務整理を行っていれば、仕事を辞める必要もなく、夜逃げする必要もなかったのかもしれない。」
彼はよくこんな事を口にしますが、やはり当時は判断能力がなくなってしまっていたのでしょう。

借金にも時効があるというのは事実ですが、時効まで逃げ続けると間違いなく普通の生活ができなくなります。

以上が、借金を踏み倒した友人の体験談です。
踏み倒すよりも、しっかりと現状と向き合ってみることがいかに大切かがお分かりいただけたかと思います。

アコム返済の目次に戻る