葬式費用のお金が足りない場合、葬祭会社のローンと銀行、消費者金融などの多目的ローン(フリーローン)のどちらを利用するのが賢い選び方でしょうか?

キャッシングHackS

キャッシング基礎知識やお得な借り方を解説!

葬式費用のお金が足りない場合、葬祭会社のローンと銀行、消費者金融などの多目的ローン(フリーローン)のどちらを利用するのが賢い選び方でしょうか?

読了までの目安時間:約 14分

 

葬式・葬儀の費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?


亡くなった方を偲んで行われる葬式・葬儀ですが、規模などで異なってくるものの、色々と費用がかかってくるのです。

近年では葬式・葬儀も家族や近親者のみで行われることが多くなってきており、全体としては葬式・葬儀にかかってくる費用の平均は減少傾向にあります。

それでも、葬式・葬儀の費用は約200万円というのが平均値となっているようで、やはり多額のお金がかかってくるものです。

葬式・葬儀のみに限らず、火葬にかかる費用や仏壇・仏花などにかかる費用、葬儀に参列した方への飲食物の代金など色々と費用はかさんできます。

また、お墓の準備がまだ済んでいなかったり、遺産の整理やらなんやらで、人が亡くなってから葬式・葬儀まではとにかく落ち着いている暇もなく忙しいものなのです。

そのため、落ち着いて葬式・葬儀にかかる費用などを考えている暇もなく、ついつい葬儀屋の言うがままに必要以上にお金をかけてしまったなんて経験をしたことのある方もいらっしゃるようです。

私自身も葬式・葬儀に関わったことがありますが、その際には優良な葬儀屋だったからよかったものの、中には利益を優先させるような葬儀屋もいるのです。

平均値が200万円ですから、それくらいお金をかけましょうよ、なんてこちらの意向を無視するような業者も、残念ながら存在します。

そのため、平均値200万円といった平均値から葬式・葬儀の内容を決めるのではなく、故人や自分たちが最も納得できる葬式・葬儀を行うことを優先しましょう。

もちろん、今まで連れ添ってきた家族が亡くなって、そんなことを考える余裕も無いという方もいらっしゃるかと思われます。

ですが、故人にとっては今生における最後の舞台となる葬式・葬儀ですので、家族や親族で話し合って、故人のために最も適している葬式・葬儀で見送ってあげられれば故人にのためにもなるのではないでしょうか。

さて、当記事では葬式業者などの紹介ではなく、葬式の費用を借りることができる業者などを紹介したいと考えております。

どんな葬式・葬儀にするにせよ、お金が必要になってくるのは事実なのです。

当記事ではどのような葬式・葬儀でも対応できるよう、幅広い葬式・葬儀のお金が借りられる会社について解説しますので、ぜひご参考にしてください。

imasia_10957236_XL

お金が足りない場合は葬祭会社のローンや銀行・労働金庫・信用金庫・消費者金融の多目的ローン(フリーローン)を組むという手段も


上記で説明しましたように、葬儀・葬式というのは故人と皆様を含めた家族・親族の方々が最も納得できる内容にするのが最も理想的といえます。

そのためには、優良な葬式・葬儀業者を選ぶことも大切ですが、葬式・葬儀にかかってくる費用の準備も大切です。

すでに故人が亡くなる前に資金が準備出来ているという方もいれば、突然のことだったので十分な資金がないという方もいらっしゃるでしょう。

当記事では葬式・葬儀に関わる資金が準備できるローンサービスを種類別に紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

葬祭会社のローン

葬祭会社自身がローンサービスを行っていますので、葬儀屋はまずこのローンを勧めてくるでしょう。

葬祭会社はクレジットカード会社などと提携して、自社ローンを設け、利用者を支えているのです。

◯借入までのスピード
借入までのスピードに関しては最短で2〜3時間と非常に早くなっているのが特長です。
遅くても2日以内には借入が可能になりますので、お急ぎの方にもオススメとなっております。


◯金利
葬祭会社ローンの金利は大体8〜18%となります。
ちなみに、下記では銀行や信用金庫・労働金庫の葬儀ローンについての解説をしますが、それらの金融機関に比べるとこの数値は少し高めです。


◯審査難易度
審査難易度は信用金庫・労働金庫や銀行の多目的ローンに比べれば厳しくはないといえるでしょう。


◯借入可能額
10万円〜500万円と高額なキャッシングも可能となっております。
そのため’、葬式・葬儀の内容に幅広く対応できているローンといえるでしょう。


葬儀会社のローンの特徴についてまとめますと、融資スピードが早く利便性が高い分、多少金利が高いといえます。

葬儀会社の方で葬儀内容なども査定したりしますので、手続きにかかる時間が短くなっているのです。

ですが、高額な借入でしたら金利も引き下がりますし、何より葬式・葬儀の費用がすぐにでも必要という方にとってはスピードがなによりも重要でしょう。

葬儀会社に詳しい説明をしてもらえると思いますので、葬儀会社のローンを選ぶ際には詳しい説明をしてもらうことをお勧めします。

信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローン

住宅の購入費を借りたり、自動車の購入費を借りたりすることができるのが信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローンです。

そんな信用金庫・労働金庫・銀行では、葬儀などに関するお金を借りることができる業者もあります。

葬儀専門のローンもあれば、利用用途が自由な多目的ローンもありますので、信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローンのご利用も検討してみましょう。

◯借入までのスピード
銀行→申し込んでから2〜3日程度、遅くても1週間以内
信用金庫・労働金庫→7〜10日程度

葬祭会社のローンに比べると、時間がかかってしまうのが難点といえます。
申し込みの際には葬式・葬儀の見積書なども提出するのですが、それらの提出の後審査などが行われるため、どうしても融資スピードは遅くなってしまいます。

◯金利
銀行→年4.0%〜14.5%程度
信用金庫・労働金庫→年2〜9%程度

一方、金利に関しては葬祭会社のローンサービスより低いといえるでしょう。

ただ、この金利に低さが相まって審査スピードが遅くなっているといえます。


◯審査難易度
銀行・信用金庫・労働金庫は金利が低い分、審査基準を高めに設定していおります。
特に信用金庫・労働金庫の審査は厳しく、返済能力がなさそうと判断されると審査に通過できないのです。


◯借入可能額
銀行は300万円程度まで、信用金庫・労働金庫の場合は500万円程度までという設定が多い様です。

信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローンの特徴をまとめますと、葬祭会社のローンに比べると低金利で利用できるという点が強みになっております。


一方、融資スピードについては遅くなってしまう傾向にあり、早めにお金を準備しなければならないとなりますと、少し不便さがあるようです。

また、審査基準も厳しいため、中々審査に通過できないなんてこともありますので、注意が必要となります。

とはいえ、信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローンも選択肢の一つになってくるといえるでしょう。


消費者金融・銀行の使い道自由なカードローン

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融や銀行のカードローンも葬儀費用を借りることができるのです。

消費者金融のアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』などはすぐに借りられるようになるカードローンを提供しています。

お金が必要になったタイミングですぐに借入ができるローンカードを1枚持っておくと、葬儀の準備やその他必要な場面でいつでもお金を借りることが可能です。

アコム

バンクイック

◯借入までのスピード
消費者金融のアコムはインターネットで申し込みますと審査時間が最短30分となり、スムーズにいけば1時間で借入が可能となります。
三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もインターネットで申し込むことで最短即日の借入が可能です。
スピード面に関しては他の金融機関よりかなり早く、急いでお金を準備したい時に頼もしいです。


◯金利
消費者金融アコムは年4.7%〜18.0%と他の金融機関と比べますと金利は高めに設定されているといえます。
ですが、30日間の無利息サービスがあるため、最初の30日間は無利息で利用することが可能です。
三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は年4.6%〜14.6%と銀行の多目的ローンとほとんど変わらぬ金利の低さとなっております。


◯審査難易度
どちらのローンサービスも「20歳以上で安定した収入がある」という点を守っていれば審査に通過することが可能です。
審査自体は利用条件が満たされているか厳しく確認されているものの、条件をきちんと満たしていれば最短30分で審査は完了となります。


◯借入可能額
どちらの会社も最大500万円までの借入が可能なので、高額キャッシングが可能です。

消費者金融アコムも、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も借り入れたお金の利用用途が自由(事業性資金は除く)なサービスです。

また、どちらもインターネット借入をすることも可能で、必要な時にすぐに借り入れることができます。

そのため、葬儀以外にも、交通費や飲食代など葬儀関連の支度で必要になる資金を準備することが可能なのです。

以上のことから、消費者金融アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も便利に利用できますので、ぜひご利用を検討してみてください。

アコム

バンクイック

imasia_10957210_XL

葬儀・葬式ローンを選ぶ際に気をつけておきたいポイントは?


葬儀・葬式ローンを選ぶにあたって、注意しておきたいポイントについて下記で解説します。

◯葬儀の日程をはっきりとさせておく

葬儀・葬式というのは、故人が亡くなってからすぐに行われるケースもあります。

そうなりますと、お金を借りるのも急がなくてはならないので、各種ローンの申し込みのさいに「この日までに貸して欲しい」と頼んでおく必要があります。

葬儀・葬式の日程に余裕がない際には、すぐに借りられる葬祭会社のローンかアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』などカードローンを利用するようにしましょう。

◯書類の準備をしっかりとしておく

葬祭会社のローン及び信用金庫・労働金庫・銀行の多目的ローンを利用して葬儀・葬式ローンをする場合は、葬儀の見積書なども必要になります。

他にも必要な書類があるのですが、そうした必要書類の確認をしっかりと行い、提出できるようにしておきましょう。

書類の提出に不備がありますと、審査に通過できない恐れもありますので、しっかりと用意しておくことが必要です。

◯悪徳金融業者の詐欺行為に十分注意する。

葬儀・葬式を行うとなると、かなり忙しくなります。

さらに、故人を失った悲しみから普段のように冷静に判断できなくなってしまう方も多いのです。

そんな皆様の精神状況を利用して、悪徳金融業者などが法外な金利をふっかけてくるなんてこともあります。

一度も聞いたことのないような会社名だったり、自分自身だけでは判断できないと感じた際には、信用できる人物や専門家に相談してみてください。

以上のような点に気をつけたうえで、安全に葬儀・葬式ローンを利用していきましょう。

imasia_10956252_XL

【まとめ】葬儀ローンは目的別に選ぶのが賢い利用の仕方です


意外に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は葬儀費用を借りるサービスは多々あるのです。

そのため、葬儀・葬式を行う際には故人や残された家族や近親者の人々が納得できる葬儀・葬式を行うようにしましょう。

そして、誰もが納得できる理想的な葬儀・葬式をするのに適したローンサービスを利用するのがオススメです。

上記のそれぞれの金融機関の内容などを参考にして、ぜひ葬儀・葬式に必要なお金を借りましょう。

imasia_10952076_XL

【補足】葬儀ローンにこだわらず、カードローンを利用するのもアリ


消費者金融や銀行のカードローンなんていうと、どことなく葬儀のお金を借りるのに適していないというイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかと思われます。

ですが、実は葬儀ローンよりも柔軟に利用していけますし、金利面もそれほど差はなかったりします。

消費者金融アコムは最短1時間で借りられるうえに、返済がお得になる30日間無利息キャッシングサービスがある会社です。

また、提携先の楽天銀行の口座にでしたらスマートフォンなどで24時間休日も最短数分で振り込みキャッシングができます。

アコム

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は年4.6%〜14.6%と低金利で葬儀に必要なお金を借りることができます。

また、提携ATM手数料も無料なため、葬儀関連に必要なお金を自由に借りることが無料で可能となっているのです。

以上のように、消費者金融アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も葬儀費用の借入先としてオススメですので、ぜひご利用を検討してみてください。

バンクイック

imasia_10933449_XL

 

葬式ローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る